店内の様子


店内の様子

店内からの風景。

店内の様子

「たい焼き屋スタイル」の裏側。


工房の風景

工房の様子

★工房作業場。魔女のお鍋で茹でたら、ささっとオーブンに入れて焼き上げます!

★相方のオーブン。焼きに入るときはいつも話しかけています(笑)!


「ベーグル」とは


乗馬で使用する「あぶみ」のドイツ語がビューゲルで

その形を真似たパンであるとか、ユダヤ人のパン職人がポーランド王のために作ったとか・・・

ベーグルにはその他色々な説がありますが。

歴史は古く、ヨーロッパ発祥のようです。

ドーナツのような円形の形をしていて、発酵後の焼く直前に一度茹でることでもっちりとした食感につながっています。

私がベーグルを作り始めたときは、離乳食はもちろん、慣れない育児で座る間もなく、

ゆっくり食事のできない自分への常備食?非常食?のようなものでした。


ベーグルの食べ方



ベーグルは油脂を含まないため時間の経過と共にかたくなるので、加熱して召し上がることをおススメします。シンプルに焼くだけで、「もちっ」、「カリッ」となります。

焼いてそのままはもちろん、お好きな具材のサンドイッチ、ジャムをぬるなどなど。

また、食べきれない分は是非冷凍に。解凍後は中がしっかりあったまるまで焼き直してあげてください。


オススメの食べ方

番外編としては「蒸す」こともおススメです。

我が家では、ベーグルを食べるときには、

「焼く?蒸す?」

の言葉が決まり文句です。

蒸すと弾力がより増して「もっちもち」になります。

サンドにするときは蒸したり、あえて皮がバリっとなるまで焼いてみたり。

そう、食べ方は無限・・・

是非お客様ならではの食べ方を色々試していただきたいです。